あきぱんの空まわりな毎日

こんにちは。あきぱんです。バツ2レベル44の魔法使いのつぶやきです。

三連休一日目

こんばんは。あきぱんです。

 

今日はおばあちゃんの四十九日法要の為、母の実家の長野県にきています。

 

わざわざ長野まで来たし、三連休だし、せっかく娘と一緒に来たし、ボーナスが出たし、温泉宿に泊まろう!と日にちが決まった日に決めました。

 

お斎の時に「今日は温泉に泊まるから、残り物をパックに入れて帰るのはやめとくわ」と言ったら、『どこ泊まるの?』と言うので、

「〇〇ってとこだよ。」と言うと

伯母さんが

『あんたそれうちの近所じゃない!もっと早く言ってくれたら良かったのに』

(えー、だって言ったらまた気を遣わせちゃうやん)

母が『早く言ってよ!私も泊まりたかった!』

(なんでやねん!)

 

あー、面倒くせー…。

 

伯母さんが『何でまた泊まるの?』聞くので、

御朱印集めてるから、せっかく遠くまで来たし、三連休だし、〇〇寺に行こうと思って…」

 

叔母さんが『次は会うのは初盆ね、〇〇日に決めましたから、〇〇時に△△集合ね〜』

 

あ、その日くさぷーと台湾から帰国する日だ…。

 

「ごめん、私もう旅行予約しちゃったから行けないや。」

 

『来れる人だけで大丈夫。でもどこ行くの?』

 

「台湾。結構いろいろ自分で決めて、リュックサックだけで行っちゃうよ。」

 

『台湾って、どう?』

(伯母さん叔母さん達にはあまりいいイメージじゃないらしい)

「え?楽しいよ!ネットで調べてマニアックなところ行くの好きなんだよね!あと、会話とかタクシーとか交渉とかするの楽しいし。」

 

『あぶなくない?変なところ連れてかれるよー』

くさぷーが一緒だし大丈夫だけど、伯母さん達には離婚した事話してないから、言えないんだな。母が言ってたら知らないけど。。。

 

『この子は勝手に一人でいろいろ決断して決めてっちゃうから、強いから大丈夫よ。』と母。

 

うーん。そうかもしれないけど、私だって弱いし。弱音を吐ける所が実家にはなかっただけよ。長女だから、お姉ちゃんだからと言われ続けてたもん。

何とか自分でやらないといけなかったし。

 

最近、くさぷーのお陰で弱音を吐ける所が出来たから、だいぶマシやけど、かなり病んでた時もあるんだから。。。

 

まあ、いいけど。

 

 

 

解散しさて、宿に行くかという時に伯父さんから『帰り途中まで一緒だから、ジャムお土産に持ってく?』と言うので、

「え!いいの?やったー!」と好意に甘えてついていった。

 

伯父さん、伯母さんは同じ職場で働いている。

無添加のジャムを作っている。

伯父さんはシェフなのだ。

商品開発とかやってる。

 

伯父さん達の職場の観光レストランに行く。

 

『どれでもいいよー。全部持ってけ』

「そんなに食べられないよー」

私はジャムバターが好きだ。

たくさん種類があって、嬉しくなった。

 

無添加のジャムなので、凝固していないサラサラのジャムが多いから、ヨーグルトに混ぜて食べるのもいい。

 

ブルーベリー、マイヤーレモンママレード、イチゴバター、紅玉バター、サンふじバター、マイヤーレモンバター、蜂蜜ミルクバターなどなど

 

いろんなジャムをお土産に買ってもらった。

 

結構高くなってしまった!

 

「なんか申し訳ないね」

『いつも何もしたれんから、いいんだよ』

 

伯父さんが『コーヒー入れるから、ゆっくりしてきな』

ゆっくりコーヒーを飲んでいると、

『これ食べな!』

伯父さんが作ったプリンをご馳走になった。

f:id:merry3happy3:20190713213634j:image

かぼちゃのプリンと紫芋のプリン。

ぐーぱんが紫芋のプリン先に食べちゃうもんで写真はない…。

 

とってもおいしかった。かぼちゃの甘みがいい🎃

 

この店でお土産に売ってるジャムは全部伯父さんが商品開発したもので、いろんな話をしてくれた。仕事人なんだね。

 

伯母さん夫婦には子供がいない。

だから、昔からいつも目一杯いろんなことをしてくれる。

 

素直に甘えておきました。

次はお取り寄せでちゃんとお金出して買いますからね!

 

久しぶりの温泉を堪能しますぞー!