あきぱんの空まわりな毎日

こんにちは。あきぱんです。バツ2レベル44の魔法使いのつぶやきです。

好きには覚悟を

私が好きな本。

f:id:merry3happy3:20190511211746p:image

くさぷーと遠距離恋愛になるかもしれないと思った時に購入した。

この本の中にあるこの文章が私の支えである。

 

f:id:merry3happy3:20190511211331j:image

“ずっと一緒にいたい、という執着より、いつかは別れる、と覚悟を”

 

“なにかして欲しい、という甘えよりも、なにかをしてあげたい、というお節介を”

 

“哀しい、という脆弱性よりも、哀しくさせられて嬉しい、という少しの異常を”

 

 

いつかは別れる、でもそれは今ではない。

 

 

前にくさぷーに『あきぱん、そんなに僕の事好き好き言ってくれるけど、あきぱんの前からいなくなってしまったら、どうなっちゃうの?そんなに執着してたらダメだよ』

と言われた事がある。

 

「いいじゃん。好きなんだから好き好き言っても!」

 

でも確かにそうだ。

 

別れるにも嫌になって別れる事もあれば、亡くなって、永遠に会えなくなる事だってある。

くさぷーの仕事は、工事現場だ。

電気の仕事してるんだから、危険が伴っている。

いつ何があるか、わからない。

 

aikoの歌詞にもあるよね。

“もしもあなたがいなくなったら

あたしはどうなってしまうだろう?”

三国駅より)

 

私はaiko三国駅の歌詞が気になります。

くさぷーとそんな話をしたせいでしょうかね。

 

だから、いつかは別れるという覚悟をという言葉が響いた。

 

最近強く思うのは、娘達が大きくなってきて就職が決まって、それぞれの人生が動き出すと、家族バラバラになる事が決まっているわけで、いつまでも一緒ではいられないので、覚悟をしないとなぁと…。