あきぱんの空まわりな毎日

こんにちは。あきぱんです。バツ2レベル44の魔法使いのつぶやきです。

おかしな2人

【続き】

 

 

あきぱんと誕生日の思い出作りたかったんだ。

前から温泉来たかったんだよね。

 

彼はそう言った。

 

私とスペシャルな思い出。

彼の住む街から車で高速走って30分で着いた。

 

温泉を堪能しご飯を食べて、宿のショーを一緒に観た。

郷土芸能鹿踊

珍しいものが観れて良かったね。と感想を言い合う。

 

私達は、岩手を知らない。

だから近いところでも興味しんしんだ。

 

 

 

私達は似ている。

他の人は多分興味がない事がお互い好きだ。

ガンダムが好きだったり、くだらない事に執着してたり、お寺や神社に行って御朱印もらったり、宝物館の中で持論を述べあったり、突然歌い出したり、アホな事でずっと盛り上がっていたり、写真撮るたび飛んでみたり。 

そして、お互いあまのじゃくだ。

離れてから、寂しいくせに強がっている。

お互いに。

 

 

 

スペシャルな日になったのかわからないけど、彼はすごく幸せそうな表情をしていた。

 

私も一緒にいられて幸せだった。

 

 

次はあきぱんの誕生日にどこか行こうねって。