あきぱんの空まわりな毎日

こんにちは。あきぱんです。バツ2レベル44の魔法使いのつぶやきです。

酔っ払いからの本音

飲み会が終わったとくさぷーから連絡がありました。

 

お家に帰ってきたよって。

 

おかえりなさいってLINEしたら、電話がかかってきた。

 

かなり酔っ払っているご様子。

楽しかったのはいいことだ。

 

仕事の話を聞いたりしてたら、突然

「あきぱん隣にいないから寂しいねん」

「あきぱん好きだよ〜」

いつも絶対言わないセリフが飛び出した。

酔っ払ってるから出たのかな?

 

「あきぱんこっちに来なよ。俺寂しいねん」

 

「あきぱんから全然電話くれないもん。寂し〜い。嫌われてるかと思った。」

 

私は仕事終わってから運転してたり、お風呂入ってたりするかな?って少し遠慮してた事を伝えた。出れない時は出ないから、いつでもかけてよって言ってくれた。

じゃあもう我慢しない。遠慮なくかける。

 

そうだ。不倫じゃないからそんなに配慮する必要がない。私、不倫体質抜けてないなー。

 

酔っ払ってるから、夜中にこんな事で言うてゴメンやで。

 

私ばっかり好きなのかと思ってたけど、そうでもなかった。彼も普段口にしないだけで、私と同じくらい好きなのがわかった。