あきぱんの空まわりな毎日

こんにちは。あきぱんです。バツ2レベル44の魔法使いのつぶやきです。

夜中の電話

くさぷーの件で非常にモヤモヤしていた私。

全然寝られへん(笑)

 

“それだけ寝てるって事は夜勤で疲れてるんだから、責めちゃダメだよ。”

“だけどさ、期待持たすようなことを言っておいて来ないってどないやねん!”

“来るって思って、それがキッカケで今までやらなかったこと全部出来たんやから、ええやんか。”

“会いたかったんだよね。くさぷーに!”

“まあ、来たところで生理だから生理痛で機嫌悪いし、八つ当たりせんですんだと思うよ”

 

いろんな思いがめぐったけど、結局は自分の会えない事へのイライラを鎮めていたんだよね。

 

だけどやっぱり会いたい気持ちというか、来てくれるって気持ちが高まっていたんだよね。

 

 

まあ、来週会えるからって気持ち切り替えてた。

くさぷーが悪いわけではないのだから。

 

夜中1時前にLINEが来て、『おはよう。お腹空きました。』と。

 

私が電話したのが夕方5時。それからまた寝てたらしくて、16時間程寝てたらしい。

声聞きたいから電話した。

 

「おはよ。よく寝たね。よっぽど疲れていたんだよね。大丈夫?」

『あきぱん、今日ごめんな。俺本当あかんねん。一日中寝て時間もったいない事したや』

「身体が疲れてるんだよ。夜勤で生活のリズムが違うから仕方ないよ。」

『そっち行ってたら今頃一緒に寝てたのにな』

「生理だから、何も出来ないよ。」

『キスしたり触ったり出来るやん。あきぱんのご飯も食べれるのに。久しぶりに矢場とん食べた買ったのになー。時間もったいない!』

「来週会えるから、その時イチャイチャしようか。」

『あきぱん、今日ごめんな。あきぱんがそばにおらんと本当何も出来ないんだよ。』

 

何かしてあげたくても、そばにいられない。

求められて求められてすぐ行けない。

 

それが遠距離恋愛

 

我慢することも多いけど、

でも気持ちは隠さず素直に言った。

そうでなければ続かない。

私の心の葛藤は聞いてもらいたい。

あなたを大切に思うからこその気持ち

私があなたを大好きだから、会いたいから思う葛藤。

 

感情的にならず淡々と話す。

 

 

ちょっと期待してしまった事。

そのおかげで片付けが出来たこと。

夜勤明けだから、仕方ないって思っているからキツく言えない事。でも会いたかったから、気持ちが落ち込んでる事。生理だから、気持ちにゆとりがないから、イヤミっぽい話し方になっているかもしれない事。などなど…。

 

話しながら涙声になっていた。

私は、くさぷーに会いたい。

好きだから、会いたい。触れたい。

 

 

『我慢されるよりそういうことちゃんと伝えて。俺、そういう遠慮とかいやなんだ。キャパがないから、すぐ忘れちゃうんだけど、そういう事言わせてしまってごめんな。』

 

素直に「会いたかった。」って何度も伝えた。

 

『俺も会いたかったから、そっち行こうと思ってたのに、あきぱん少し寝なさいって言ってくれて素直にそうしたらコノザマだもん。俺あかんな。』

「それぐらい疲れてるんだよ。無理して来てもダメだよ。 私も朝からすぐ来いなんてよー言わないよ。来週今日の埋め合わせしてね。」

 

『あきぱんは優しいな。』

 

私は優しくなんかない。

 

自分の気持ちを相手に押し付けないようにしているだけ。

過ぎた事、やってしまった事は、後に戻れないから、受け入れるしかない。

本人に悪気はないのだから。

私も鍛えられている。

 

たまに思う。

何で私はこの人がすごく好きなのか。

結構自分勝手だなぁと思うけど、私も結構自分勝手だもんな。

でも、こんな私を好きになってくれて、何かあったらすぐ助けてくれる。大切にしてくれる。

なんだかんだでのろけてますな。

 

 

来週埋め合わせ何してもらおうかな。。。

赤坂璃宮でディナーの後、どこか連れてってもらおう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待したらダメ

今日は、いい天気でした。

朝から張り切って掃除して、洗濯して、断捨離までして久しぶりにおうちがスッキリしました。

くさぷーが来たら、キレイな状態で迎えてあげたかったから。

でも、くさぷーが来るかもしれないからと、ずっとダラダラ放置してた事をやれました。

それはそれでよかったのかもしれない。

何かきっかけがないとやらないもんね。

 

 

5時半に電話したけど、寝ててムニャムニャ言ってたので、今日はもう来ないなと判断。

夜勤明けで寝てるんだもん。疲れてるんだから仕方ない。

期待したらダメなんだけど、やっぱり遊びに行こうかなって言われたら期待しちゃうよね。

 

 

まあ、来週会えるからいいんですけどね。

 

でもね、やっぱり期待しちゃったから心が泣いてます。来週まで長いなー(笑)

 

くさぷーの寝ぼけてた声、泊まらないと聞けないから、それはそれでかわいいなってキュンとしたんだけど、やっぱり隣で聴きたい。

 

 

日中は御朱印をいただきに近所の神社に参拝。

せっかく清々しい気持ちになったのに、結局私は煩悩の塊ですわ。

 

f:id:merry3happy3:20190622180525j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

またか(˘・з・˘)

おはようございます。

久しぶりに土日休み。

わーい(⌒▽⌒)

 

朝からくさぷーの電話で起床。

 

「今日そっち遊びに行こうかな」

『え?別にいいよ。気をつけて来てね」

 

『軽っ!軽くない?』

「何よ。軽いって」

 

『普通は“え?どうしたの?’とか言わない?』

「別に、来たかったら来たらええやんか。うちは構わないんだから。」

 

『起こしちゃったから、寝ぼけてる?まあ、いいや。とりあえず寝るから、行く時は連絡する』

「はいはい。好きにしたらええよ。早く寝な!」

 

速攻で電話切った。

 

なんかイラッとしたから。

 

来る気があるのかないのかはっきりしろよ。

 

期待しちゃうじゃん。

 

でも、朝から掃除して洗濯して張り切っている自分もいる。

 

 

とりあえず来るときたら夕方だろうから、今日はやる予定だった、ご近所の神社に御朱印集めに行こう。

 

そんなんゆーたって。。。

こんばんは。あきぱんです。

週末です。(⌒▽⌒)わーい

 

 

最近は、くさぷーが夜勤なので、くさぷーの移動時間に電話がきます。

だいたい夜8時半から9時半の間。

30分くらい。

すれ違ってる生活の中で唯一2人だけの時間。

 

たわいも無い話ばかりしてるけど、今のところはこれが繋がりを感じられる時間。

 

金曜日になると、くさぷーは寂しいのかやたらと会いに来てと言う。

先週、先々週と『お前は仕事ばっかりしてー』

と言うし、今週は、今週で

『今週末休みやろ?こっち来てよー』と言う。

「今週末は、休みだけど日曜日娘と約束があるから、くさぷーおいでよ」

『夜勤明けだもん。(ㆀ˘・з・˘)』

確かに夜勤明けだから、しんどいよな。。。

 

「もう少しでそっち行くよ。もう少し待っててよ」 

 

今日寝過ごして、危うく遅刻しそうだったらしい。

 

『俺、誰かと一緒におらんと何も出来へんねん。』と弱音。

私だって近くにいたい。

 

最近やたらとアパート借りるとか言ってくるし、あきぱんにこっち来いと言ってるみたい。

 

北上にいる時はそんな事言わなかったのに。

 

我慢してたのか?気まぐれか?環境慣れるまでゆとりがなかったのか…。

 

私も会いたい気持ちが溢れそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とかなるし、何とかする

こんばんは。あきぱんです。

 

あきぱんのモットーは、タイトルの通り

何とかなるし、

何とかする。

 

です。

 

ダメだ!出来ない!やっぱり私には無理!

 

って、取り掛かる前に決めつけてしまう人いますよね。

 

私はそれが大嫌い💔

どうやったらやれるかな?よし、とにかくやってみよう!って常に思う。

初めからマイナスな気持ちだと、出来ないけど、

何とかできないかな?って常に考える姿勢が大切だと思うんだよね。

 

売上の数字は嘘つかないもんね。

例えば達成とかクリア出来なくても、自ら考えた結果は評価すべきだと思う。

 

例えば、たくさん訪問したけど、クリア出来なかった時とかね。でも、それだけ訪問しても何故クリア出来なかったのかをまた考えて、次に繋げる習慣がつけばいいのかなって思う。

 

そんな話を昔くさぷーにした。

 

私はサービス業の営業職だし、くさぷーは、建設業の現場監督さんだから、全く違う仕事だけど、あきぱんのモットーには共感出来るって言ってくれて、自分もどうしたらやれるかって常に考えるように工夫するよって言われた。

 

で、今あきぱんは、うちの会社がやっている別の店舗の責任者の定年退職後の後任がいないので、あきぱんは今自分が管理しているお店と掛け持ちさせられそうなんだよね。

で、定年退職する人は、全く後任を育てる姿勢が見られなくて、2人候補の人来たのに辞めさせてしまう始末。

その人に会うたび「あきぱんさんがやって」という。

その人8月に定年退職なんだけど、その頃には私は忙しくて、突然やれと言われるのも嫌なので、今の時間にゆとりのある時に準備さえしとけばやれるかな?と思い、社長に自らやってもいいけどと言ってみたんだけど、でも本当にやれるかどうかわかんないから、定期売上の中身を確認しておきたかったんだけど、調べたら定期が極端に少ないみたいで、それを晒されるのが不満なのか、定年退職する人が社長に文句言うわけ。

 

私はお前の代わりをするのだから、中身を調べるのは当然の事だろうよ。何故邪魔をする。

 

先日社長に呼び出されて、私のものの言い方が悪いから、その人が怒っていると叱られた。

あきぱんより年齢も上だし会社の経験もあるんだから、ちゃんとお伺いをせなあかんやろって。(事業部の経験は私の方が上なんだけどね)

 

でも社長から言われて許可もらってるって言ったらいいと言ったのは社長なんだけどな。

私は偉そうな言い方もしていないのに、なぜその人の肩ばかり持つのか…。

 

でも負けない。

何とかする。

 

売上を分析したら、大したことなさそうだから、やれなくもない。

 

ただ、どうしたものか…。

毎日同じ事を考えていたら、くさぷーに言われた。

 

『あなたいつも数字は嘘つかないって言ってるんだから、その資料を見せて話し合いしたらいいやん』

そうだな。

 

提案した事をのんでもらえなかったら、私会社辞めよう。

 

そうしたら、会社も何とかするであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40万円

風俗のアルバイトを完全に辞めて半年。

流石に生活が厳しくなってきた。

普段の生活は慎ましく暮らしているのでそう大変ではないが、ゆとりがないので急な不幸事が重なると結構辛い。

 

なによりも重くのし掛かるのは、娘の学費。

もうすぐ後期の授業料の支払いがくる。

奨学金とあきぱんのボーナスでも足らない。でも何とかしないと!とアルバイト探しをしていた。

そんな矢先、祖母の葬儀や会社の人が入院したりと、急な出費が多くて、泣きそうだった。

上の娘がボーナスをもらったので、家庭に入れてくれてるお金を早めにもらえたのでピンチをしのげた。でも偶然ボーナスが入ってきたのでなんとかなったが、いつもそうはいかないよね。もらったボーナスは奨学金の繰り上げ返済に使いたいと言う。

そうしなさいと言った。

これはアテにしたらあかん。

 

あきぱんは先日、何軒かアルバイトの面接に行ったのだが、なかなかうまくいかなかった。

 

隠し事をするのも嫌なので、くさぷーには、お金足らないから、素直にアルバイトを探している事も伝えていた。

 

『あきぱんなんでそんなに無理して働かないといけないの?』

 

「生活にゆとりがないし、急な出費に対応できないし、なにより娘の学費が足らないからだよ。ちゃんと卒業させてあげたいから、稼げるだけ稼いで、足らない分は親から借りるつもりだけど、出来れば自分でなんとかしたい。

私は幼い時にお金が原因で家族離散したのを目の前で見てるから、お金がないの怖いの。」

 

『そっか、無理したらダメだよ。』

 

多分反対なんだろうけど、見守ってくれた。

今日面接どうだった?とか何回かそんなやりとりが続いていた。

 

私は上の娘の大学の学費を銀行にかなり借りたので、もう銀行からは借りられない。その返済も始まっているので今はそれなりに大変。

 

下の娘は、特待生制度を利用しているので、そんな大きなお金ではない。ちゃんと計画的にアルバイトをすれば何とかなる金額だ。

だから、今まで風俗でアルバイトして、何とかやってきた。

 

でも、辞めた今、次のアルバイトが思うように決まらず焦っていた。

 

最近様子が変だとくさぷーは思っていたらしい。

 

休みの日は大概、アルバイトの面接に費やしていた。なかなか決まらず焦る日々。

また風俗のアルバイトしようかなぁ。

 

でももう嫌だなぁ。

 

ある日、くさぷーに言われた。

『あきぱんアルバイトじゃなくて本業で収入増やしたら?』

それがもう1つのお店をみる事。

でもすぐに収入が増える訳はない。

再来月くらいになるはずだ。

 

でも納期には間に合わない…。

 

さて、どうするか。

正直途方に暮れていた。

分割払いで学費払う事出来ないか聞いてみようかな?

そんな事も考えていた。

 

そしたらくさぷーが、

『俺、お金つかうとこないから、貸してあげるよ。返すのいつでもいいからさ。あきぱんが一生懸命娘さん達の学費を工面してるとこずっと見てきたし、また風俗なんかして欲しくないし、もっと自分を大切にして欲しいし、それに娘さん内定もらって、もうすぐ終わるやん。最後だし、俺が出来る事はそんなくらいだけど、お金で解決できるなら、お安いもんだよ。

病気でもう何ともならんよりマシだからね。

だから、明日あきぱんの口座に振込んであげるよ。』

 

「だけどそれはくさぷーが一生懸命稼いだお金で、私が使うワケには行かないよ!くさぷーだって、これから子供さん達の学費とか必要になってくるんだから、私なんかに使ったらダメだよ。」

 

『悩んでるあきぱんをほっとけないんだよ。

お金はまた稼げばいいし、あきぱんの事信用してるからね。無理ないペースで返済してくれたらいいし、もし返してもらえなかったら俺が人を見る目なかったんだから、いいんだよ。

とりあえず50万振り込もうか?』

 

「え!そんなにはいいよ!悪いよ。そんな!」

 

『じゃあ40万振込むよ。足らなかったらまた渡すから遠慮なく言って。』

 

「…。」

 

『あきぱん、お金持ってても身体が病気で動かなくて、もう明日はないのと、お金はないけど健康なのとどっち選ぶ?(笑)』

 

「お金あって健康がいい」

『それは贅沢だな。』

「…。」

「くさぷーのお言葉に素直に甘えてようかな。

でも、なんで私なんかにそんなにしてくれるの?メリット何もないのに。。。ごめん。自分で何とかしたかったんだけど、甘えていいですか?」

 

『もちろん!今年は一緒に海外なかなか予定合わなくて行けないし、また行けるように頑張って働くし、なによりもあきぱんが楽になるならそれでいいんだよ。俺にとって、あきぱんはメリット感じるからだよ。掃除や片付けしてくれるもん。』

 

「便利屋かい!(笑)でも、助かります。ありがとうございます。」

 

今日振込んでくれた。

 

40万

 

『今度会った時に残り10万渡すよ。手元にお金あった方がいいやろ?』

 

「いやいや、そんなにいいよ。」

 

『使わなかったら、返してくれたらいいから。』

 

 

確かに安心した。

目処がついた。

 

仕事探しせんでもすむ。

ややこしい仕事に集中する事もできる。

 

「私、遠回しにお金の催促してた?もしそうだったらごめん。嫌な女だなぁって…。」

いつも話を聞いて欲しかっただけで、全くそのつもりはないし、自分で何とかするつもりでいたのは確か。

 

『僕がしてあげたいんだ。気にしなくていいよ。僕は、仕送りしたら他につかうとこないから』

 

有り難く使わせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たわいもないこと。

くさぷーの所にお手紙が届きました。

あまりに気づかないから、昨日ポスト見てと催促しちゃいました。

 

手紙と一緒にくさぷーの好きなブラジル柄のポーチも送ったの。

喜んでくれてた。

本当にブラジル好きなんだよね。

手紙見てくれたのかな?

大したこと書いてないけど、お花のお礼とディナーを食べに行くの楽しみだなぁって書いた。

月末に会うときに予約したから、一緒に行くの。うふふ♡

 

 

くさぷーが、最近アパート借りようかなとか言ってるの。

今は社宅に住んでるんだけど、あちこち転々とする仕事なんだから、うちに居ない時の家賃もったいなくない?って言ってるんだけど、なんで急にそんな事を言うんだろう。

 

今は横浜だけど、半年後にはまた北上に戻るんだよ。

勿体ないよね。

どうせあきぱんに掃除させるんだろうけど。。。(笑)