あきぱんの空まわりな毎日

こんにちは。あきぱんです。バツ2レベル43の魔法使いのつぶやきです。

デート

こんばんは。あきぱんです。

 

この週末、くさぷーとデートしてきました。

くさぷーの会社は横浜にあります。会社に用事があり、金曜の夜仕事終わってから北上から自分のうちに戻るというので、今回は横浜で会う約束をしました。久しぶりにシュラスコ食べたかったのもあります。

 

私は土曜に向かいました。

土地勘がないので新横浜まで迎えに来てもらい、桜木町へ移動。

 

『来てくれてありがと。』

「そりゃ会いたかったから来るよ」

 

 

約束していた『キングダム』を一緒に観ました。そのあとでゴールデンウィークの旅行の計画を立てようと相談。

 

と、言ってもあきぱんが調べてくさぷーはひたすらレベル上げるためにゲーム。

くさぷーは一緒ならどこでもいいんです。結局…。

いつもスポンサーはくさぷー。

いつもプランはあきぱん。

いつもあきぱんのしたい事ばっかりです。

でも、くさぷーに言うと二転三転するので、

本屋でるるぶ立ち読みしながらアレコレ考えてたけど、決まらず…。

お腹空いてきたので、予約していたシュラスコのお店へ。

サンバダンサーのショーが見れます。

楽しかった!

お酒飲みながら、会えなかった時の話をたくさんしました。

つい食べ過ぎて2人とも妊婦みたいなお腹になってしまったw

ゲフー(๑>◡<๑)

 

今日はくさぷーのうちにお泊り。

お風呂借りてる間にお布団引いてくれて、一緒に抱き合って寝ました。

会いたかったと言うたびにぎゅーって抱きしめてくれた。言葉にしないけど、同じ思いでいてくれて嬉しかった。

 

 

日曜日。

 

昨日新横浜のホームに出てた広告を見て、どうしても見たくて、行っちゃいました。

f:id:merry3happy3:20190421193330j:image

 

あきぱん仏像とかすきなんですよね。

f:id:merry3happy3:20190421193421j:image

東京国立博物館

広い!展示も凄い!

 

f:id:merry3happy3:20190421193511j:image

帝釈天

これは写真撮影してもいいモノですが、どの展示もわかりやすく素晴らしかったし、真言密教がよくわかりました。

あとね、新しく国宝になった仏像や刀剣などの展示も素晴らしいかった。いつまでも見てられる…。

機会があればまた行きたい!

夏は三国志の展示をするらしい。また行かねば!たいがいの男性は三国志が好きだよね。

私もくさぷーも孫子の兵法が好きです。

 

そのあとアメ横でブラブラ。

インスピレーションで、私はブルーのラインが入ったピンキーリングを買う。

指輪を売ってるお兄さんが、右手のピンキーは運を呼び込み左手のピンキーは運をキャッチするというからだ。たまたま右手にタイで買ったシルバーのピンキーリングをしていたからだ。

左右でガッチリ運を捉える!ヨシ、やるぞ!やるぞ〜やるぞ!!!(笑)

 

シルバーリングを見ていたくさぷーにお揃いにしようって珍しく私は言った。

でもくさぷーが恥ずかしがってしてくれなかった。

くさぷーは、シルバーのごっつい指輪を買った。

 

 

そんで、昼間っから飲んじゃう。

f:id:merry3happy3:20190421193749j:image

千ベロですわ。

『昼間っから酒飲んで、デートとしてはどうなの?』ってくさぷーが言う。

「いいじゃない。昼間っから飲んじゃうなんて大人のデートだよ。幸せじゃん。」

 

お酒も進んで、思い切ってさっきの事を言う。

「くさぷーさ、あきぱんが珍しく素直にお揃いしようって言ったのになー。」

『だって恥ずかしかったんだもん。お揃い』

「そりゃさ、この歳でお揃いとかって言う歳じゃないけどさ、若い時に出来なかったから、やってみたいってのがあるからさ。私だって恥ずかしいけど、くさぷーだから素直に言ったのに。。。」

 

『ごめんな。叶えてあげられなくて』

 

「いいよ、もう。それ似合ってるし、指輪の好みがお互い違うんだから仕方ないよ。でも、いつかはお揃いしてね」

 

もうそういうのも年齢的にイタイのかな?

でも、離れてるからこそお揃いしたい。

前にはお揃いなんて考えられなかった。

変わったなぁ…

 

それでもどこで何をしてても2人でいればやっぱり楽しい。

楽しい時間は、あっという間。

 

くさぷーの新幹線の時間もあるので、3時半過ぎにはアメ横を出て、東京駅へ向かう。

 

せっかく会えたのにな。

窓口で反対方向の新幹線の切符をそれぞれ買う。

寂しい瞬間だ。

 

まだ時間あるからお土産見たりして、残り少なくなって、くさぷーがそろそろ行こうかなって抱きしめてきた。

東京駅の八重洲北口の改札の前で40過ぎのおじさんとおばさん(私達の事)が別れを惜しんで抱き合っている。

 

楽しい時間は終わり。寂しいな…

 

『あきぱん、そんな顔しないで。またすぐ会えるよ。それまで元気でね。次ゴールデンウィークにね。無理しちゃダメだよ』

 

「うん。ありがとう。くさぷーこそ元気でね。」

 

別れる時は私達いつでもハグして別れる。

この瞬間が辛い。

 

「お願い。もう少しだけこのままにしてて。」

 

くさぷーの腕の中で気持ちを整える。

その間、トントンなでてくれる。

 

「うん。じゃあまたね。気をつけて」

私が言う。泣きそうだけど、泣かないよ。

 

くさぷーは東北新幹線の改札を通っていった。

見えなくなるまで見送った。

途中振り返って手を振っている。

私も振り返した。

そして、私は東海道新幹線の改札を通った。

 

新幹線を待っている間、この週末の楽しかった時間を思いながら、空を見上げた。

またすぐ会える。頑張らないと。

 

週末いい天気で良かった。

f:id:merry3happy3:20190421193650j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出張2日目

おはようございます。あきぱんです。

大阪にいます。

f:id:merry3happy3:20190419080444j:image

 

仕事も順調に進んで、昨日はだるまで串カツ食べてきました。

つい飲み過ぎてしまいました。

 

今はホテルでダラダラしています。

昼まで仕事して、昼から帰ります。

 

明日はくさぷーと会える♡

でも、今回ははしゃいでません。

かなり落ち着いています。

多分今回出張に備えて集中せざるを得ない状況だった事かと思います。

 

いつも会う前は浮かれてるんだな、私。

 

仕事やる気スイッチいつもオフだから(笑)

 

 

 

 

 

出張なう。

こんばんは。あきぱんです。

今日は出張で大阪に来ています。

出張は半日移動が多いから、なんか特した気分。旅行みたいだしね。

 

大都会なので、ちょっぴりワクワク。ちょっぴりヒヤヒヤ。あと2日滞在します。

もちろん仕事も頑張りますよ。

 

でもさ、出張行くと土産を催促されるんですよね。荷物になるのに大きなものをねだられる。

例えば、リクローおじさんとか。

あれは安いからいいけど、個数が多いと荷物感ハンパない。

551豚まんも匂いがね。

自分が買って食べるのは苦にならないけどさ。

 

イヤイヤ、自分のお土産(その日帰った時の夕飯)はいいが、マジ頼まれたお土産って面倒くさい。

 

お土産を買いに行ってるんじゃないんだ!

仕事しに行くんだよー!

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークの予定

こんばんは。あきぱんです。

 

ゴールデンウィークどうしようかなぁ…。

と、相談していて、結局台湾旅行は辞めになりました。

でもどこかには出かけたい!

じゃあレンタカー借りてドライブ行く?

 

1日に仕事のくさぷー。

私が30日の夜行で仙台に行き、そこから北上まで移動する。1日の夜に会える予定。

2日に一緒にドライブ旅行。

行き先はまだ決めてない。

とりあえず北海道に行く?とか言ってますが、どうなるかな?

北海道に車で行くにはカーフェリー乗らないとあかんみたいよ。どーする?

せっかくだから弘前城へ行って桜を観たい!

有名な桜並木を観たい!くさぷーと桜観たい。

あれこれ調べてここ行きたいなー。あれ食べたいなーとか言ってたら、

『よくそんなに調べたね。お金の事は出すから心配せんでええよ。』

「くさぷー、どこか行きたいとこある?」

『わかんないから、いいよ。』

「そうなの?私ばっかやん」

『いいんだよ。オレわかんないから』

「もー!」

 

結局、くさぷーも私と一緒に居たいから、いられるならどこでもいいのだろう。

 

4日の夜行バスで名古屋に帰る。

僅かだけど楽しい時間にしたい。

 

結局一緒の事思ってるんじゃん♡

長電話

こんばんは。あきぱんです。

 

最近、くさぷーと電話で話すことが多くなりました。

 

平気で1時間、2時間話しています。

そんなに話す事よくあるなーってくらい(笑)

「長話ばっかりしてごめんね。」っていうと、

『悪いことしたんじゃないから謝らなくでもいいよ。それにイヤじゃないから』

 

くさぷーが仕事の時はくさぷーから電話。

くさぷーが休みの時は私から電話。

ここ最近ほぼ毎日電話しています。

会えないから声が聞きたい。

ビデオ通話は、くさぷー恥ずかしがっていつも顔は映さないの。顔見たいのにo(`ω´ )o

 

私達あまのじゃくだから、会いたいとか電話で絶対言わない。お互い今日の出来事や仕事の愚痴、身近な面白話をする。

 

絶対言わないけど、すごく(私は)会いたい。

くさぷーもきっとあきぱんに会いたい。(はず)

 

「あと1週間で横浜だね」

 

『あ、そうだね。早いもんだね。あっと言う間だった』

 

「うん。会えるって予定があると嬉しいし、離れていても会えるっていう予定があるから頑張れるよ。ありがとうね。」

 

『いつまでも話してると終わらないし、寝れないよね。そろそろ寝ようか。離れてるから一緒に寝られないけど。。。』

 

 

くさぷーもあまのじゃくだから、好きだっていってくれないし、いつも照れ隠しで反対の言葉ばっかりかけてくるから、心にゆとりがないとイラッとするんだけど、ちゃんと言葉を聞いていたら、すごくわかる。

『一緒に寝られないけど…。』

これだけでわかる。

一緒に寝たい。そばにいてって。

 

 

くさぷー、私も同じだよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

娘との関係

会社のパートさん(60くらい)が、

『旦那が定年退職して、単身赴任からウチに帰ってきた。パートから帰るともうご飯作ってくれてて、助かるんだけど…』

 

『娘(20代後半)との関係が悪くなってしまって、寂しい😞』と言った。

 

その方の旦那さんは、某企業でずっと東京にいた。1ヶ月に一度旦那さんの元へ行く生活をずっとしていた。息子さんたちは結婚して、それぞれに家を持っているので、娘さんと二人でずっと生活していた。娘さんと出かけたり、一緒にお風呂入っていろんなこと話したり、楽しかったそうだ。

 

そこに旦那さんがずっといる生活。

 

旦那さんはパートさんが仕事しているので、代わりに家事をしたり、孫の保育園にお迎えに行ったりと実によく働く。

 

旦那さんが帰ってきてから、全くパートさんと話をしなくなった娘さん。

「2人だけですごく楽しかったのに、お父さんがいるだけであんなに変わってしまうの??エーン(T ^ T)」

 

贅沢だよーね〜って周りは言うけど、なんとなく気持ちわかる。

 

『すごいいい旦那って周りは言うけど、私が子育て大変な時に今みたいに手伝ってもらいたかったわ!』

 

↑コレに尽きる。

 

旦那さんは他人だから、パートさんとしたら、娘と仲良くしたいんだろうな。

 

私もわかる。

 

私も娘と仲良くしたい。

 

 

それは苦労して1人で育てたからだ。

パートさんも旦那さんがいるけど、居ない状況で3人の子育てを必死にやった。

その成果?として、仲良くしたいんだろう。

 

 

だけど子離れもしないと共倒れになってしまう。

だから私は、大人になってしまった娘とは他人のように接している。まあ家族は仲良くある必要ないし、いつか居なくなるのだが、子供と思うとまた違う感覚になるからダメだと思う。

 

だから、私は娘が18歳になった時に親らしいことを辞めます!1人の大人として付き合いますから、子供と親の上下関係じゃないからね。

と宣言した。成人式終わったら、家族だけど他人だからね。早く彼氏作りなよ!と。これから甘えるところはお母さんではない。ホントに好きな人なのだ。

 

私も、娘たちを元カレと思うようにしている。

だからくさぷーとお付き合いして、娘に悪いと思った事は無い。むしろ公開する。

一緒に住んでいるから、ルールとしてのホウレンソウはしてよ!と伝えた。それは私も同じ。

 

娘たちに『ママは二回も失敗して男見る目ないから、恋愛のアドバイスは信用しない!』と言われていて、『くさぷーも2回失敗しているから、信用しないけど男性の意見としては聞く』と私達2人はダメ人間の烙印済みだ。

 

でも二回失敗しなかったら私達は会えなかったわけだから、それもそれでいいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆとりがないかも。

くさぷーがいつも言ってる言葉

 

『笑えるって事は幸せなこと。

笑っていられる事はそれだけで充分幸せ。』

 

辛くても笑えるならそれは幸せな事。

辛くてもどうしようもないなら、ゆとりがなくて笑ってなんかいられない。だから笑ってるだけで救われる。

 

たしかにそうだ。

 

くさぷーは、笑わせようとしてついいらん事言ってしまうクセがある。

それがついついゆとりのない人からするとイラッとさせてしまう。

勘違いされやすい。だから彼は人から嫌われてしまう事がある。

 

私もゆとりがないとくさぷーの言動にイラっとする。

つい冷たい態度や言葉を言ってしまう。

 

『そんなつれない態度嫌だな〜』

 

ああそうだった。私、ゆとりがないわ。

反省する。